バンコク旅行中にカレーハウスCoCo壱番屋に行ってみました。理由としては最近アジアで業績を伸ばしているニュースを見たことと、食事時にはいつも行列が出来ているので非常に興味があったからです。

出掛けたのはアソークにあるターミナル21の中にあるお店です。ここタイでは日本食レストランを経営しているFuji屋が経営母体のようですね。

冒頭の写真は別の時の物ですが、行った時間はお昼の3時頃でしたがそれでも6割位が埋まっていました。

注文したのは「あさりトマト+ほうれん草カレー」です。いつもの様に5辛を注文しようとしたら、定員が辛いけど大丈夫か?と言います。タイ人が言うことだから日本のそれとは違うのだろうと思い3辛にしました。注意書きで5辛はcrazyになってました。あと水は飲み放題ではないので注文が必要です。

こちらの人は小食なのでしょうか、標準が230gです。日本は確か300gだったと思いますが。

福神漬けの色、すごい色をしています。

この方が受け入れられ易いのでしょうか?

出てきたカレーです。メニューとは随分違いますがここはバンコクなのでマイペンライですね。味はというと別にアジア色は感じませんでした。今回3辛でしたが日本の方が辛いくらいです。(5辛にすれば良かった。)

日本のそれが特別美味しいわけでもありませんが、それよりやや劣るかなという感想です。あくまで個人的判断ですが。

このカレーと水1本で242THB、日本円で770円位です。もう全く値段は変わりません、でもいつも混んでます。

此処に限らずですが日本のお店はどこも概ね混んでいます。タイ人から見て日本の食事は魅力的なんですかね。